新居に引っ越した後ですが、最初に電気・水道・ガスのライフラインを使えるようにします。

荷ほどきはすぐに使うものを優先的に進めていきます。

転入届を提出する

引越し後14日以内に、引越し前にもらった転出証明書と印鑑を持って、新住所の市区町村役場に転入届を提出します。

これは忘れずに行いましょう。

期限を過ぎると「過料」という金銭の支払いを科せられる場合があります(私の知り合いは払ったことがあります)。

各種住所変更の手続きをする

銀行、保険会社、クレジットカード会社、運転免許証など、住所の変更手続きをします。

かなりの数になることもあるので、財布の中のカード類、定期的に届く郵便物などから、事前にリストを作っておくと効率がよいと思います。

近隣へのあいさつ

引越しがあったときは、近隣の住人は「どんな人が来たのか」と気になっているものです(とくに一戸建てが多いエリアでは)。

なるべく早く、できれば引越し翌日にでも、前後左右のお宅にはあいさつを済ませておきます。

そのときにちょっとした手みやげ(500~1000円程度のお菓子、タオルなど)を持っていきましょう。

段ボール箱等の処分について

引越しで使った段ボール箱は、荷ほどきが終わると処分する必要があります。

引越し業者から提供を受けた段ボールについては、連絡をすれば引き取りに来てくれるところも多いです(再度使用できるため)。

ゴミとして処分する場合は、新住所のゴミの収集日や分別システムを確認してから出すようにしましょう。